妊娠サプリの比較サイト

MENU

男性から広く注目されている亜鉛ですが、時にセックスミネラルと呼ばれることがあります。
亜鉛を積極的に摂取することによって男性ホルモンの合成を活性化させる作用があることは既に研究によって判明しています。

 

それとは逆に亜鉛が不足してしまいますと、精子の量が減少し、性欲が減退したり、勃起不全(ED)を引き起こしてしまうことがあります。

 

また亜鉛というのは抗酸化作用を持っていますので、精子自体の質を高くすることが出来ます。
亜鉛を摂取することによって、酸化が原因でのダメージを極力減らし、遺伝子異常の割合を少なくさせることが出来るのです。

 

そして亜鉛と同様に抗酸化作用を持っていて、精子の質を高めてくれる栄養素として、ビタミンCやビタミンE、そしてコエンザイムQ10なども挙げることが出来ます。

 

亜鉛が不足してしまいますと、精液にも異常が起きてしまうことがあり、液体が正常より薄くてサラサラな状態になり、逆にあまりにも濃過ぎな状態は、亜鉛不足を引き起こす前兆的なものと言われています。

 

精子というのは、新しく生成され始めてから実際に精子としての働きを持つまで最低3ヶ月程度はかかると言われています。

 

ですので積極的に亜鉛を摂取したとしても、精子の質などに様々な効果を期待出来るまでに4ヶ月目ということになります。

 

もし赤ちゃんを作ることに努力している妊活中の男性であるのでしたら、今すぐにでも積極的な亜鉛摂取をオススメします。