妊娠サプリの比較サイト

MENU

もともと女性というのは、男性と比較をして貧血を起こしやすい体質となります。
その理由として月経の度にある出血や、妊娠することで赤ちゃんにも栄養素を与えてあげる過程にて、どうしても鉄分不足が生じてしますのです。

 

中でも20代後半から40代くらいの女性に最も多いのですが、今現在不妊治療を行っている女性の殆どは鉄分が不足してしまっているという学術的なデータがあります。

 

鉄分というのは、妊娠をした後も絶対に欠かすことの出来ない栄養素の一つですので、妊活をしている時から不足することの無いように常に心掛けていることが大切です。

 

具体的には女性が必要とする鉄分の摂取推奨量というのは10.5mgとなります。
さらに妊娠初期になると+2.5mg必要で、中期と末期を迎える頃には+15.0mg余分に必要となります。

 

もし妊活をしている時に毎日必要な量の鉄分を摂取することに自信が無いようでしたら、鉄分を含んでいるサプリメントの利用をオススメします。

 

サプリメントを利用して鉄分を摂取する場合、もしその時すでに貧血症状が現れていて、明らかに鉄分が不足してしまっている状態だとわかっていれば、吸収率が高いヘム鉄が配合されているサプリメントを選びましょう。

 

特に貧血の症状が無かったり、症状が軽い場合には、鉄分に特化して作られているサプリメントではなく、非ヘム鉄を気軽に摂取出来るマカサプリなどがオススメです。

 

そのような鉄分サプリメントには、妊活に必要な様々な栄養成分も一緒に配合されているものも多いので、当サイトランキングを是非チェックしてみてください。